*

中学受験についての批判

子供の将来、そして進学のことを考えればより高いレベルの環境に身を置かしたいことから中学受験をされる家庭があります。
私立の学校は設備も行き届いてますし高校受験、大学受験を考えれば推薦枠やエレベーター方式に進学できる例があることで中学受験を選択されるのでしょう。
いじめなどの問題にもあまり心配することもないことで余計な心配をしなくていいといのもメリットではないでしょうか。
ですが、批判があるのも事実です。
それは小学生の内から中学受験に向けての塾通い、詰め込みのテスト勉強、それらは子供の時間を奪うことになります。
また、それらは学校の授業の内容とは合わないことで宿題を出されることを嫌われる傾向にあります。
受験の勉強に支障があるということで宿題を出さないことを要望されることもあるそうです。
そして受験に成功した限られた人達しか接することができないというのもあります。
そして中にはせっかく中学受験して入学したにも関わらず中学で落ちこぼれてしまうというということもあります。
ですがやはり合ってる生徒は合ってるので一概に批判の内容が当たってるとも言えません。
中学受験をする方も批判をする方もどちらも一理あるというのが現状ではないでしょうか。
受験応援LUCK21で詳細を調べることが出来ます。



コメントする